スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL Group C レアル・マドリー対リヨン。カリューの日。 

20061122111139.gif 
レアル・マドリー 2
オリンピック・リヨン 2
(RM)39'M・ディアラ、83'ファン・ニステルローイ
(OL)11'カリュー、31'マルダ

リヨンは怪我人が多い中、ヴィルトールまで胃腸炎で欠場。
右ウイングにはスダン戦でも試したクレルクを置く。
試合は先制するまで、リーグアンで見ることができないくらいの引き気味。
クレルクはかなり下がり目で、トゥラランの位置もDFラインに吸収されるか如く低い。

しかし先制したら、こっちのものと言わんばかりのマイゲーム。
チアゴ、マルダ、ジュニーニョが動き回りパス回し、
そしてカリューのパフォーマンスは相手のレベルに合わせるようになっているのか、
何度も繰り返した左サイドでキープしながら強引にPエリアに持ち込む動きは強く、美しかった。
スダン戦はまあまあだったけど、それ以前のデキはなんだったのか。
これがホントのカリューなのか。

先制点はそんなカリューが強引にPエリアに侵入、カンナバロとI・エルゲラをいなし、
トゥーキックでカシジャスのタイミングを外したゴール。02W杯決勝でロナウドが決めたゴールに似ていた。
追加点はジュニーニョのFKがGKとDFラインの間に入ったところにマルダが体をひねりながらボレーしゴール。
マドリーもCKからマァマドゥ・ディアラが頭で押し込み1点。
クペとクリスの意思疎通が無かった。

後半も激しい展開。レアルはグティを怪我で交代させてから中央の攻撃が薄い。
ファン・ニステルローイも全く目立たない。
リヨンもジュニーニョのFKがこの試合、全く良くない(得点時のは良かったけど)。

リヨン陣内にじわじわ寄って来るレアルがついに同点。
左のロベルト・カルロスのクロスにラウルがヘディングシュート、
こぼれ球をファン・ニステルローイが押し込み追いつく。
これもクリスとスキラッチが完全に不思議なポジショニングだった。残念。
珍しいなあ、クリス。
そしてさらにクリスが終了直前にPエリア内でファン・ニステルローイを
足からかっさらうスライディングでPK献上。しかしこれはクペが見事読んでストップ。

結局2-2で終了。あと一歩で勝てた惜しい試合でした。
それにしてもカリューが凄かった。
オラス会長も冬に手放す考えだったのを見直す事でしょう。

スポンサーサイト

リーグアン 第14節 スダン対リヨン。 

20061120191117.gif
CSスダン・アルデンヌ 0
オリンピック・リヨン 1
(OL)79' アブドゥ(オウンゴール)

今節も苦しむ。
レミがスタメン。レミは芯が細いけど今後に期待が持てそう。
怪我が治ったベナルファも久しぶりに出場。
カリューが積極的にシュートを狙うもゴールを奪えない。
ピンチはほとんど無かったけど、オウンゴールだけってのもさびしい。
(クリスのゴールにも見えましたが)

でも良いのです。照準はミッドウィークのR・マドリー戦です。

リーグアン 第13節 リヨン対バランシエンヌ。 

20061114083503.gif
オリンピック・リヨン 2
バレンシエンヌFC 1
(OL)84'クリス  86'スキラッチ 
(VA)75'サビダン

ESPNで放送が無かったので試合を通して見ていませんから、
詳しい試合レポはこちらにお願いするとして、
ジュニーニョ不在が響きかなり苦戦したみたいですね。
ベンゼマとゴブーまで怪我ですかー。
ベンゼマは右ひざのハムストリングをやってしまって年内はダメと。
冬のマーケットを待つどころの状況じゃなくなってきましたね。
まずいです。  

Kリーグ プレーオフ 水原対浦項。 

20061112214327.gif
水原三星ブルーウィングス 1
浦項スティーラース 0
54' 白智勲(ペクチフン)

6月に日本(大分県佐伯市&日田市中津江村)でキャンプを行った浦項スティーラース、
その時にトリニータとアビスパとの練習試合を見て以来、
隠れファンになった俺であります。大分戦&アビスパ戦
そんな浦項スティーラースの試合、プレーオフをネット放送で見ました。

浦項は前半はチャンスもあり、
金基東(キムギドン)が蹴ったCKに頭で8番黄辰成(ファンジンソン)が落とし、
14番呉範錫(オ・ボムソク)がゴールに押し込めなかったシーンや、
絶好の位置で黄辰成がFKを決められなかったり、
ゴール前の混戦でまたも黄辰成が空振りしたりとチャンスは数合ったのですが、
得点に繋がりません。

後半は水原の一方的な展開。
前半もチャンスを作った金大儀(キムデイ)、左サイド李官雨(イガンウ)などが攻め立て、
54分、ついにルーズボールのクリアミスを韓国代表MF白智勲(ペクチフン)に
浦項は豪快なミドルシュートを喰らいました。凄いシュート。

この後の浦項の攻めは散発、
試合を通して左サイド頑張った19番朴源載(パクウォンジェ)のオーバーラップや、
途中出場、李東國(イドングク)のポストから金基東のミドルシュートこそ強烈なものでしたが、
前線に入った22番高基衢(コ・ギグ)や途中出場のタバレズやフロンティーニなどが輝けず得点できない。
逆にカウンターに転じられ何度もピンチを招きました。
結局1-0で試合終了。

チャンピオン決定戦は水原と前日にFCソウルを倒した城南一和天馬が闘うことになりました。
なかなかKリーグも面白いものです。

※おまけ(夏に撮った浦項)
ありえない色のプラクティスシャツ。
l.jpg
左足が魔法を生み出す俺の黄辰成(ファンジンソン)と元エスパルスのチェテウク。
d.jpg 
そしてポンチプレッタなどにもいたブエノスアイレス生まれの
ブラジル人、俺のフロンティーニ。ポストプレイが力強い。
z06.jpg

リヨンの冬の補強を考える。 

20061107233539.gif 
いろいろな媒体での噂を聞いて希望的観測で予想してみました。
フレッジの長期離脱の怪我(太股)は痛いし、カリューはインパクトはいまいちだし、
ベンゼマはこれからの選手だし、CL制覇を狙うならやっぱり強力なFWが絶対に必要。
トレゼゲが獲れたら最高でしょうなあ。CLにも問題なく出られるし。
リベリーも争奪戦になりそう。マルダと質の違うあのドリブルが加わった事考えたらかなり楽しみ。
中盤は今の構成で文句の付けどころは全くないのですが、
さらにカモラネージが入ったら中盤はもう言うことなしでしょう。
(またA・ディアラが文句言いそうですが)

噂によるとフレッジの怪我を受けてニウマールが
今はレンタルの形で出してるので、戻ってくるかもとか。
他にもトゥールーズの左SBマテューやボルドーのモロッコ代表FWシャマフも狙ってるとか。
シャマフはいい選手。

出て行く噂としては起用法に異を唱えるA・ディアラ、ゴブー、アビダルという名前が。
アビダルの流出だけは何が何でも防がねば。
ベルトーやレヴェィエールを回すのだけでは心もとない。

CL制覇を狙うには補強プラス、各選手の爆発が必須ですね。
怪我から癒えたフレッジの大爆発、ベンゼマの大噴火、
そしてジュニーニョのピンポイントFK。楽しみです。

FLICK ON! 

20061106144900.jpg
BLOGも移転したことですしタイトルを変えてみました。ただなんとなく。
FLICK ONとは「ほとんどコースを変えずダイレクトで後方に流すプレー」
ということ。チョイっと触るあれですね。
これからもよろしくお願いします。

先日アビスパの練習場で木村和司氏を見ました。

リーグアン 第12節 レンヌ対リヨン。 

20061105134200.gif 
スタッド・レンヌFC 1
オリンピック・リヨン 0
(RE)13' エムビア

シェルストレームの古巣レンヌ、
有名どころで言うとチェコ代表GKチェフがチェルシーに行く前までいたり、
ACミランで現在売り出し中のMFグルキュフが昨年までいたりしたチーム。

近年の、そして今シーズンのリヨンを相手に考えると
15位レンヌのジャイアントキリング。
リヨンはレンヌの高速カウンターに苦しみ、
レンヌGKププランを前に決定機をことごとく外しました。

リヨンの失点は二アサイドに蹴ってきたCKに対し、
合わせるエムビアをアビダルとゴブーは逃がしてしまい、
トゥラランも前を取られヘディングを許す。
CKを蹴ったモンテルビオのキックも速くて絶妙なものでした。

この日のリヨンは守備がおかしい。特にクリスが出場停止の為、
アビダルとベルトーの左サイドでしたが意思疎通を欠き、
そこを何度もカウンター時に狙われました。

攻撃は決定機もあったものの、しかしシェルストレームが撃っても、
ヴィルトールが撃っても、ベンゼマが打っても入らない。
反対にレンヌにとどめを刺されそうなピンチもありました。

77分にはジュニーニョが相手に肘打ちをしてしまい退場処分。
結局連勝は公式戦連続14試合でストップ。
ミスも多く、相手の勢いに押された感じでした。
先制されても時間があったので変に余裕持ちすぎたのかな。

とりあえずアビダルのCBとベルトーのコンビは失敗に終わった試合。
スキラッチ一人奮闘した試合に見えました。
レンヌは良いチームでしたね。GKププランがMVPでしょうが、
FWウタカ(ナイジェリア代表)のスピードが凄かった。

CL Group C リヨン対ディナモ・キエフ。 

20061103085242.gif

オリンピック・リヨン 1
ディナモ・キエフ 0
(OL) 14'ベンゼマ

前半は圧倒的にリヨン。
守備は魚網のように囲い、攻撃は振り回すフィードで揺さぶり続けました。
ベンゼマのゴールも落ち着いていましたが、
アシストのゴブーのスルーパスがお見事でした。
後半はピンチの連続でしたがこの勝利でグループリーグ突破が決定です。
TVの解説も言ってましたが、今のリヨンはトゥラランが非常に効いていると思います。

CL Group A バルセロナ対チェルシー 

20061101233522.gif

FCバルセロナ 2
チェルシー 2
(FCB)3'デコ 58'グジョンセン
(CH)52'ランパード 89'ドログバ

何と言う結末。開始早々のデコのクリーンシュートが決まった時は、
今日はバルサの試合になるかと思ったら、チェルシーも根性で追いついた。
ドログバはやっぱり良い選手だなー。

リーグアン第11節 リヨン対ナンシー。 

20061030182753.gif

オリンピック・リヨン 1
ASナンシー・ロレーヌ 0
(OL)13' カリュー


レキップ誌の採点はこちら
相手は3位のナンシー。失点も試合前まで10試合で5とリーグ最小。
リヨンはこの試合、クペとマルダが怪我から復帰でカリューがスタメン。
カリューが見事結果を出しました。
中央ジュニーニョから左に展開→左サイド駆け上がったマルダがクロス→
Pエリア内中央でカリューがボレーという美しい形。
それ以外はチアーゴのテクニカルなプレイが目立ちました。
GKの頭を越すループシュートは惜しくもポストに阻まれる。

カリューが入るとロングボールという攻撃も加わり、幅も広がりますが、
途中で少し痛めたのかカリューは交代。
そして代わりに入ったベンゼマまでも相手との空中戦の競り合いの中で後頭部を痛め交代。
その後はジュニーニョがCFを務める事態に。CFの人材が悩みの種です。

一方、守備はナンシーに対しチャンスを与えない。CB二人が強い。
ナンシーはキムとディアというFW二人が目立ちましたが、得点までは至らず。
結局、危なげなくホームで勝利。これで開幕から10勝1分。強すぎです。

しかし、また怪我人が増え始めたのが心配。
カサパも再度怪我をしたとの事、さらにこの試合で途中交代の
カリューとベンゼマもどういう具合なのでしょうか。
(この二人は大丈夫な気もしますが)
11/2のCL、ディナモ・キエフ戦はどういった布陣で臨んでくるのでしょうか気になります。

フランスカップ 4回戦 リヨン対パリSG 

20061028095717.gif

オリンピック・リヨン 2
パリ・サンジェルマン 1
(OL)88'89' ヴィルトール
(PSG)58' パウロ・セーザル(PK)


逆転勝ちだった模様です。レキップのスタッツ。と公式のレポ(英語)。 
残り5分で猛攻を仕掛けたのこと。

メンバーもローテーションでジュニーニョとアビダルはお休み。
フレッジとマルダは怪我。マルダの復帰は近いみたいですが、
フレッジは2ヶ月は駄目との事。うーん。
加えてベンゼマまで怪我したみたいです。まずいですね。

次のフランスカップ準々決勝は12月19日にナンシーと。
その前に今週、ナンシーとリーグ戦です。

リーグアン第10節 OM対OL(上位対決)。 

061022lyon.gif

オリンピック・マルセイユ 1
オリンピック・リヨン 4
(OM)70'バモゴ
(OL)20'ジュニーニョ、48'ベンゼマ、78'ジュニーニョ、87'シェルストレーム


リヨン圧勝。強すぎる。
開始当初こそOMがリベリーとナスリ、飛び出しを仕掛けるCFニヤングの
鋭い攻撃でリヨン陣内に攻め込みますが、その後のOMは防戦一方。

リヨンはCL・ディナモキエフ戦から数人メンバー変更。
そのスタメンを新たに掴んだトゥラランとゴブーが冴えた。
先制はゴブーが得たFKをジュニーニョがまたまた直接ねじ込む。
GKカラッソ一歩も動けず。
フレッジが途中で太腿を痛め25分にベンゼマと交代。
前半を1-0で折り返すもすでに完全にリヨンのペース。

後半開始3分、ベンゼマが右サイドからのゴブーのアーリークロスをボレーシュート。
後ろから来た長いボールをテクニカルに決めた得点でした。
マルセイユはリベリーが孤軍奮闘。中盤を広く移動し、ドリブルでリヨンDFに仕掛ける。
70分にはそのリベリーがこねくるようなドリブルでクリスを腰砕けにさせスルーパス、
ゴール前に抜け出したバモゴの位置は明らかにオフサイドも、蹴りこんだゴールが認められる。

75分、散々ファウルを受け続けたマルダがついに負傷退場。
55分にタイウォから受けた蹴りも酷かったけど、
かかととアキレス腱を踏まれたこの傷も簡単なものではなさそう。

しかしその4分後、ベンゼマのキープから受けたトゥラランが
相手の股を抜くスルーパス、飛び出したジュニーニョが冷静に決め追加点。
87分には右サイドに流れたベンゼマのクロスをOMのGKカラッソがはじくも
そのボールをシェルストレームが流し込み4点目。1-4でアウェイのリヨンの勝利。
力の差が予想外に出た試合でした。

返す返す、リヨンが強い。
後方はクリスとスキラッチが門をし、トゥラランのプレスもしつこい。
ジュニーニョとシェルストレームのタイプの違う展開力に、
両サイドが高いキープ力の突破で中央に迫る。うーん、ちょっと凄いぞ。
この日見た3試合の中で一番面白い試合でした。

しかしこの勝利の代償にフレッジとマルダを失ってしまった。
フレッジは肉離れだそうです。ベンゼマがこの試合良かったとはいえ、
ちょっと痛い離脱です。マルダも長く掛からなければいいけど。

クラシケルatデカウプ。 

061022ajax.gif

フェイエノールト 0
アヤックス・アムステルダム 4
(A)12'フンテラール、38'フンテラール、50'ペレズ(PK)、62'ペレズ


デカウプで行われたフェイエノールトとアヤックスの一戦。
伝統の一戦と謳われるも一方的な展開。
とにかくフェイエの出来が酷すぎた。組織も何も無い。
ファウルでしか相手を止められず、そのファウルも悪質なものが多い。
フェイエに出たカードはイエロが7枚とレッドが2枚。
良い闘いを期待していたのに残念な一戦でした。


アヤックスは昨年からだいぶメンバーが変わりました。
ピーナールもガラセクもトラベルシもブハーリもいなくなってしまった。
代わりにガブリやロジェールらスペイン勢、
この試合右サイドで良い働きをしていた若いベルギー人デ・ムール、
そしてスタムなどを手堅く補強。
しかしバルセロナのヘッドコーチを務めていたいた
テンカーテを監督に迎え入れたのが最大の補強かもしれませんね。

この試合の勝利で2位のPSVに2差の首位。
フンテラールの決定力とマドゥーロの献身的な仕事が印象的なアヤックスでした。

クラシコ 第一ラウンド。 

061022real.gif

レアル・マドリー 2 
FCバルセロナ 0
(R)3'ラウル、51'ファン・ニステルローイ

サンチャゴ・ベルナベウで行われた第一ラウンド、
レアルは早い時間で先制したのが良かったと思います。
ラウルの得点をアシストしたセルヒオ・ラモスのクロスは絶妙でした。

2点目はカウンター。グティ→ロビーニョ→ニステル。
グティのボールコントロールで決まったようなもの。

バルサはエトーが帰ってこないときついのか。
テンカーテがいないとだめなのか。
でもまだ1位。

せ - セビージャ 

今期のリーガ・エスパニョーラはセビージャの放送だけが無い。
なんか放映権の問題で全ての試合において、
セビージャの試合はダイジェストすら見られない。
せっかく良い選手多いのに。早く見たいです。

スタジアムのラモン・サンチェス・ピスファンって
なんかカッコイイ名前。

す - ストッパー 

3-5-2-の「3」の両脇のイメージ。

コーラー、ブッフバルト、秋田、小村。
頭が固くて、泥くさいイメージ。
でも浦和の坪井とかは速くてクレバーな感じかな。
海外の最近で言えば誰だろう。


CL Group C ボルドー対リバプール 0-1 

cl061018bol.gif

UEFA公式のレポートはこちら
今シーズンに入って初めてじっくりとボルドーの試合を見ましたが、
なかなか面白かったです。ボルドー目線でお伝えします。

この試合勝たないと次のトーナメントに行くのが難しいボルドー、
攻撃的に行きたいも、攻守においてリバプールのペースで試合が進んでしまいました。

しかし選手ひとりひとりはいい選手もいます。
左SBに入ったブラジル人ヴェンデルのオーバーラップは試合を通して目立ち、
CK、FKまで任されているところは、
アビスパで言うところのアレックスとプレーの感じともに似ていました。

一方、元フランス代表ラスランドが重い。もう35歳なんですね。
反対にダルシュヴィュの重戦車な感じは健在。
ラスランドと途中交代で入ったモロッコ代表シャマフはいい動きしてました。

中盤で目立ったのはブレーメンから戻ってきたミクーもですが、
マブバの気が利く働き振りに改めて良い選手だと再確認。
現在は代表に呼ばれたり呼ばれなかったりですが、
フランスU-21代表では主将も務めているそうです。
いずれフル代表でもマケレレの後継者として、
レギュラーを取りそうだと勝手に思ってます。

途中から入ったフォベールのスピードも凄かった(あだ名はTVGらしい)。
シュミツェルはまだ怪我なのか、ダルマはベンチ外なのか。

試合はリバプールがセットプレイからクラウチのヘディングで得点。
この一点を守りきり勝利。クラウチあんまりよくなかったのに。
でもチーム力はさすがのリバプール。クラウチ以外の全体のプレスが凄かったです。
ボルドーは積極さが欠けていた様に見えました。
ちょっと上位進出は難しくなってきましたが、
とりあえず次こそは勝って波に乗って欲しい。

フェルナンド・メガネッツォとヴェンデルは
ブラジル代表のドゥンガ監督も視察に来るほどの逸材。
これからも注目します。

しかしリカルド・ゴメスが老けていてびっくりしました。
94年W杯代表。


CL Group E ディナモ・キエフ対リヨン 0-3 

CL061018lyon.gif

UEFA公式のレポートはこちら
ジュニーニョのFKはコースといい、ボールの落ち方といい凄かったですね。
俺のフレッジ(笑)は少し影が薄かったですが、
シェルストレームは存在感がありました。得点も素晴らしかった。

でもこれから勝ち抜くにはクペの復帰は必須です。
CFの控えも欲しい。冬のマーケットで取るかな。
キャプテンカサパも怪我が癒えないんですかね。
CBはスキラッチも入って層も厚くなったけど戻ってきて欲しいです。

スキラッチのあだ名はトト

さ - サガン鳥栖 

20061015120850.jpg

生で初めて見たのは2000年。当時J2の浦和に三原の直接FKと
終了間際に矢部次郎が決めた2点で2-0で勝ったあの試合、
いまだ忘れられないほどのジャイアントキリングでした。

今となってはどこに勝ってもジャイアントキリングなんて
言えないほどに成長した鳥栖は経営母体も安定してきたので
これからもっと伸びるチームになるでしょうね。

お隣のチームなので年間5から10試合は見ています。
そんなこんなで個人的な歴代サガン鳥栖ベスト11を選んでみました。控えも。
2トップは間違いないでしょう。ボランチとCBは迷った。
中村伸は外せない。有村は両サイドできるので右に。
GKは断然リッキー。でもシュナ潤も年々巧くなっていってますよね。
監督はやはり松本育夫でしょう。

他にも片淵浩一郎や矢部次郎、竹村栄哉、
川崎元気、朝比奈伸、鳴尾直軌なども入れたかったです。
北内耕成はお笑い担当で。

20061015124957.gif

こ - コンサドーレ札幌 

20061015115812.jpg

九州まであんなに沢山駆けつける
サポーターの熱意はひしひしと感じます。
吉原宏太、山瀬功二、今野泰幸、藤ヶ谷陽介、
新居辰基など飛び立った選手はみんな好選手に
なって行ってるのも凄いことです。

曽田みたいなキャラクターがいるのはJにとって貴重な存在。 
ヤンツー監督もちょっと気になります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。