スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転劇。 

■ブンデスリーガ 第10節 
□シュトゥットガルト×ヴェルダー・ブレーメン (12)

◆ブンデスリーガの中でも僕が特に好きな2チームの戦い。
前半は眠いゲームでしたが、ブレーメンが
1人少なくなったくらいから、楽しいゲームになってきました。

その少なくなったブレーメンがあの堅守の
シュトゥットガルトから2点取るんですから、なんともまた。

途中出場のアエド・バルデスの決勝ゴール。
高い打点のヘディング。まさにスーパーサブ!
さすが昨年、リーグ最優秀スーパーサブかなんかの
賞もらっただけありますね。

ちなみにこちらがキッカー誌の採点
最高が1点、最低は5点。

最高点はアエド・バルデスの1.5、
次がブレーメンGKのラインケの2、
クローゼも2.5。うまいゴールでしたよ。
ヒルデブラントでもアレを止めるのは無理でしょう。

ちなみにシュトゥットガルトの最高点はフレブとソルド、
先制点を取ったデルピエールの3点。
カカウが絶好のシュートチャンスを外してしまうのが
痛かったなぁ。そしてもうちょっと長い時間で
サビッチを見たかった気もします。

しかしおもしろい試合でした。
ブレーメンも早くベストメンバーが揃うと良いな。
特にリステシュの復帰を待っています。
シュトゥットガルトもじつに惹かれるチームであります。
両チームとも今後に期待。

スポンサーサイト

04-05 ブンデスリーガ 第1節 ハンブルガーSV 対 バイエルン・ミュンヘン (0-2) 


ついに開幕です。
問題のJ SPORTSの放送カードはコレ。
その一日前の開幕戦の方が見たかったですけど、
今後に期待です。WOWOWのような
訳わからない放送カードの組み方は無いことでしょう。
と、祈っててます。

開幕なので←の図を作ってみました。
バイエルンは豪華メンバーですね。
左サイドにサリハミジッチがいますけど、
ラウは怪我してるんですかね?
右のサニョルも移籍したんでしたっけ?

バラックのミドルシュートで先制。
バラックの得点っていつもミドルシュートのような
気がするのは僕の気のせいかな?
2点目はダイスラーの直接FK。
隣同士、バン・ブイテンとロメオの壁を通りゴールイン。
ピーケンハーゲンは壁がブラインドに
なってて見えないですよ、アレは。
取れなかったのは攻められない。怒ってたなぁ。

HSV、高原は途中出場。しかもサイドで。シュートは1本。
もっと前で見たいですなぁ。ヤロリームとは昨年から
意気があってますからこれからに期待したいです。

しかし移籍してきたムペンザって速いですね。
なんかとても得点のニオイがしますよ。
ムペンザは今日まで兄弟のEの方かMの方か知りませんでした。
正解はE。エミールの方。ベルギー代表。

バン・ブイテンはなかなか持ち味出せませんでした。
失点にも絡んでしまったし。
だけど移籍一年目でいきなりキャプテンってすごいぞ。
HSVはマハダビキアが帰ってきたらもっと良いチームに仕上がることでしょうね。

やった! 

J SPORTS ブンデスリーガ放映権獲得!
WOWOWが放映権の継続に失敗した時はどうなる事やらと思いましたが、
コレで一件落着、どころかJ SPORTSだとは、大歓迎です。
これで僕の(笑)アイウトンの凄さがみんなにもっと知れ渡る事でしょう!

個人的おススメ選手、シャルケ04に移籍したアイウトンの他には
今シーズン、シュトゥッツガルトから同じくシャルケに移籍して、
先のコパ・アメリカのメンバーにも選出されていた、ブラジル代表DFボルドン
堅い一対一の守備はもちろん、長い距離からも狙う、威力抜群のFKはびっくりです。

そして以前からしつこくこのHPで言ってますが、
ベルギー代表DF・バン・ブイテンは要チェックですよ!
高さはもちろん、試合終盤のオーバーラップによる
決定力は素晴らしいものがあります。
ヘディングもですが、足元のシュートがうまいんですよね
昨シーズンのマルセイユ→マンチェスター・C(にシーズン途中加入)から
今シーズン高原のHSVに移籍してきました。
ですからほぼ毎試合見られるのではと期待しています。必見ですよ。
HSVはウィファルシが移籍したのは残念でしたけどね。

個人的に好きなチームはドルトムント、ブレーメン、シャルケなんかです。
バイエルンも好きですけどね。サリハミジッチとか。

とにかくブンデスリーガの予習にはこちらをお薦めします。やったね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。