2004年11月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第84回天皇杯 4回戦 サガン鳥栖 対 ガンバ大阪 (1-3) 



天気が良い鳥栖スタジアムでした。
しかし試合は開始からユルい展開、鳥栖はミスが多く
攻撃は左サイドからしか作れません。
チームの核、本橋のパスミスが多かったのも厳しかったですね。

ガンバも動きが少なかったのですが、
転がってくるチャンスを活かし、前半でゴール2つ。
実好の先制点後、ゆりかごポーズ。


大黒と吉原が動き回って朝比奈は苦労してました。
何となくしぶとい鳥栖DFの攻略法が見えたような。


厳しい判定(PK)を取られて主審に詰め寄るガンバDF陣。
これでゲームも面白くなったきました。
しかしシジクレイ、もう少しうまい選手だと思っていましたが。
特に今日のシジクレイはフィードが全然良くなかったですね。


PKは佐藤大実が見事決めまして、その後サガンが
見違えるように良くなったのですが、試合は結局13でガンバの勝利。
サガンはやっぱり伊藤彰がいないとチャンスができる数が違いますね。
ちょっと出てくるのが遅かったかな。


この日一番目を引いたのがガンバの背番号8。
噂には聞いていたけど、フェルナンジーニョ、
ほんとにうまい選手でした。テクニックを活かしたキープ力、
ドリブル、パスと3点目を決めたシュート、
やっぱりJ1には良い選手がいますね。
アビスパも来年はJ1に!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。