スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転劇。 

■ブンデスリーガ 第10節 
□シュトゥットガルト×ヴェルダー・ブレーメン (12)

◆ブンデスリーガの中でも僕が特に好きな2チームの戦い。
前半は眠いゲームでしたが、ブレーメンが
1人少なくなったくらいから、楽しいゲームになってきました。

その少なくなったブレーメンがあの堅守の
シュトゥットガルトから2点取るんですから、なんともまた。

途中出場のアエド・バルデスの決勝ゴール。
高い打点のヘディング。まさにスーパーサブ!
さすが昨年、リーグ最優秀スーパーサブかなんかの
賞もらっただけありますね。

ちなみにこちらがキッカー誌の採点
最高が1点、最低は5点。

最高点はアエド・バルデスの1.5、
次がブレーメンGKのラインケの2、
クローゼも2.5。うまいゴールでしたよ。
ヒルデブラントでもアレを止めるのは無理でしょう。

ちなみにシュトゥットガルトの最高点はフレブとソルド、
先制点を取ったデルピエールの3点。
カカウが絶好のシュートチャンスを外してしまうのが
痛かったなぁ。そしてもうちょっと長い時間で
サビッチを見たかった気もします。

しかしおもしろい試合でした。
ブレーメンも早くベストメンバーが揃うと良いな。
特にリステシュの復帰を待っています。
シュトゥットガルトもじつに惹かれるチームであります。
両チームとも今後に期待。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://passgo88.blog79.fc2.com/tb.php/40-88e057ae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。