スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL Group C ボルドー対リバプール 0-1 

cl061018bol.gif

UEFA公式のレポートはこちら
今シーズンに入って初めてじっくりとボルドーの試合を見ましたが、
なかなか面白かったです。ボルドー目線でお伝えします。

この試合勝たないと次のトーナメントに行くのが難しいボルドー、
攻撃的に行きたいも、攻守においてリバプールのペースで試合が進んでしまいました。

しかし選手ひとりひとりはいい選手もいます。
左SBに入ったブラジル人ヴェンデルのオーバーラップは試合を通して目立ち、
CK、FKまで任されているところは、
アビスパで言うところのアレックスとプレーの感じともに似ていました。

一方、元フランス代表ラスランドが重い。もう35歳なんですね。
反対にダルシュヴィュの重戦車な感じは健在。
ラスランドと途中交代で入ったモロッコ代表シャマフはいい動きしてました。

中盤で目立ったのはブレーメンから戻ってきたミクーもですが、
マブバの気が利く働き振りに改めて良い選手だと再確認。
現在は代表に呼ばれたり呼ばれなかったりですが、
フランスU-21代表では主将も務めているそうです。
いずれフル代表でもマケレレの後継者として、
レギュラーを取りそうだと勝手に思ってます。

途中から入ったフォベールのスピードも凄かった(あだ名はTVGらしい)。
シュミツェルはまだ怪我なのか、ダルマはベンチ外なのか。

試合はリバプールがセットプレイからクラウチのヘディングで得点。
この一点を守りきり勝利。クラウチあんまりよくなかったのに。
でもチーム力はさすがのリバプール。クラウチ以外の全体のプレスが凄かったです。
ボルドーは積極さが欠けていた様に見えました。
ちょっと上位進出は難しくなってきましたが、
とりあえず次こそは勝って波に乗って欲しい。

フェルナンド・メガネッツォとヴェンデルは
ブラジル代表のドゥンガ監督も視察に来るほどの逸材。
これからも注目します。

しかしリカルド・ゴメスが老けていてびっくりしました。
94年W杯代表。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://passgo88.blog79.fc2.com/tb.php/66-4a3b523e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。