スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーグアン第10節 OM対OL(上位対決)。 

061022lyon.gif

オリンピック・マルセイユ 1
オリンピック・リヨン 4
(OM)70'バモゴ
(OL)20'ジュニーニョ、48'ベンゼマ、78'ジュニーニョ、87'シェルストレーム


リヨン圧勝。強すぎる。
開始当初こそOMがリベリーとナスリ、飛び出しを仕掛けるCFニヤングの
鋭い攻撃でリヨン陣内に攻め込みますが、その後のOMは防戦一方。

リヨンはCL・ディナモキエフ戦から数人メンバー変更。
そのスタメンを新たに掴んだトゥラランとゴブーが冴えた。
先制はゴブーが得たFKをジュニーニョがまたまた直接ねじ込む。
GKカラッソ一歩も動けず。
フレッジが途中で太腿を痛め25分にベンゼマと交代。
前半を1-0で折り返すもすでに完全にリヨンのペース。

後半開始3分、ベンゼマが右サイドからのゴブーのアーリークロスをボレーシュート。
後ろから来た長いボールをテクニカルに決めた得点でした。
マルセイユはリベリーが孤軍奮闘。中盤を広く移動し、ドリブルでリヨンDFに仕掛ける。
70分にはそのリベリーがこねくるようなドリブルでクリスを腰砕けにさせスルーパス、
ゴール前に抜け出したバモゴの位置は明らかにオフサイドも、蹴りこんだゴールが認められる。

75分、散々ファウルを受け続けたマルダがついに負傷退場。
55分にタイウォから受けた蹴りも酷かったけど、
かかととアキレス腱を踏まれたこの傷も簡単なものではなさそう。

しかしその4分後、ベンゼマのキープから受けたトゥラランが
相手の股を抜くスルーパス、飛び出したジュニーニョが冷静に決め追加点。
87分には右サイドに流れたベンゼマのクロスをOMのGKカラッソがはじくも
そのボールをシェルストレームが流し込み4点目。1-4でアウェイのリヨンの勝利。
力の差が予想外に出た試合でした。

返す返す、リヨンが強い。
後方はクリスとスキラッチが門をし、トゥラランのプレスもしつこい。
ジュニーニョとシェルストレームのタイプの違う展開力に、
両サイドが高いキープ力の突破で中央に迫る。うーん、ちょっと凄いぞ。
この日見た3試合の中で一番面白い試合でした。

しかしこの勝利の代償にフレッジとマルダを失ってしまった。
フレッジは肉離れだそうです。ベンゼマがこの試合良かったとはいえ、
ちょっと痛い離脱です。マルダも長く掛からなければいいけど。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://passgo88.blog79.fc2.com/tb.php/71-4860590a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。