スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CL Group C レアル・マドリー対リヨン。カリューの日。 

20061122111139.gif 
レアル・マドリー 2
オリンピック・リヨン 2
(RM)39'M・ディアラ、83'ファン・ニステルローイ
(OL)11'カリュー、31'マルダ

リヨンは怪我人が多い中、ヴィルトールまで胃腸炎で欠場。
右ウイングにはスダン戦でも試したクレルクを置く。
試合は先制するまで、リーグアンで見ることができないくらいの引き気味。
クレルクはかなり下がり目で、トゥラランの位置もDFラインに吸収されるか如く低い。

しかし先制したら、こっちのものと言わんばかりのマイゲーム。
チアゴ、マルダ、ジュニーニョが動き回りパス回し、
そしてカリューのパフォーマンスは相手のレベルに合わせるようになっているのか、
何度も繰り返した左サイドでキープしながら強引にPエリアに持ち込む動きは強く、美しかった。
スダン戦はまあまあだったけど、それ以前のデキはなんだったのか。
これがホントのカリューなのか。

先制点はそんなカリューが強引にPエリアに侵入、カンナバロとI・エルゲラをいなし、
トゥーキックでカシジャスのタイミングを外したゴール。02W杯決勝でロナウドが決めたゴールに似ていた。
追加点はジュニーニョのFKがGKとDFラインの間に入ったところにマルダが体をひねりながらボレーしゴール。
マドリーもCKからマァマドゥ・ディアラが頭で押し込み1点。
クペとクリスの意思疎通が無かった。

後半も激しい展開。レアルはグティを怪我で交代させてから中央の攻撃が薄い。
ファン・ニステルローイも全く目立たない。
リヨンもジュニーニョのFKがこの試合、全く良くない(得点時のは良かったけど)。

リヨン陣内にじわじわ寄って来るレアルがついに同点。
左のロベルト・カルロスのクロスにラウルがヘディングシュート、
こぼれ球をファン・ニステルローイが押し込み追いつく。
これもクリスとスキラッチが完全に不思議なポジショニングだった。残念。
珍しいなあ、クリス。
そしてさらにクリスが終了直前にPエリア内でファン・ニステルローイを
足からかっさらうスライディングでPK献上。しかしこれはクペが見事読んでストップ。

結局2-2で終了。あと一歩で勝てた惜しい試合でした。
それにしてもカリューが凄かった。
オラス会長も冬に手放す考えだったのを見直す事でしょう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://passgo88.blog79.fc2.com/tb.php/82-ea57b7fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。